スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

拝啓 吉本興業様

 ハードゲイことレイザーラモン住谷くん、過労死させないようにお願いします。彼はイベントでサインしてくれた時の几帳面さからして、真面目で一生懸命仕事をこなす好青年のように見受けられました。

 入れられた仕事は断れない性分のように思います。相方は乳飲み子がいるのに、未だにバイト掛け持ちのようですし。尚更レイザーラモンとしての学祭の営業等、断れないでしょう。

 「今年一気に稼がせとこう!」というのは、商売人としてようくわかります。売れ時を逃せないのはよく分かります。

 けど、このこき使い方はやりすぎです。いくら、若くて屈強な彼でも、過労死しかねません。

 お願いです。少しは休む時間を与えてあげて下さい。13年前、河本栄得くんが亡くなった事を思い出します。まだ24歳の若さでした。
 河本くんも、住谷くん同様売れっ子で働き過ぎでした。気ぃ遣いな好青年でした。もうすぐ河本くんの命日です。あんな悲しい思いは一度で沢山です。

 お願いします。住谷くんを過労死させたりしないで下さい。
スポンサーサイト
  1. 2005/10/09(日) 00:44:58|
  2. 雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ダメ出しビッグポルノ~3人を叱る!!

 昨日8/31大阪・日本橋で「ビッグポルノ~国立文楽劇場より愛をこめて」見てきました。

 前回の一心寺シアターでの公演が非常に面白かったので、今回も期待した分、失望も激しいです。

 今回はしっかり公演内容を報告しようと紙とペンを握り締めて望んだのですが、・・・前と殆ど同じやん(怒)!!

 一々書く気もしません。つまらん。非常につまらん!!
 ハードゲイこと住谷くんが忙しいのは良っく分かります。前回の公演受けたから、12月に発売するという今回公演のDVDにも「無難やから同じモン入れとこか」というのも分からぬではありません。

 でもねっ!お笑いの人間が守りに入ってどないするねん(怒)! [ダメ出しビッグポルノ~3人を叱る!!]の続きを読む
  1. 2005/09/01(木) 21:41:14|
  2. サブカルチャー・イベント等|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

全然狂人じゃないヒトラー『ヒトラー~最期の12日間』~戦後60年 Ⅰ

 関西では一部で有名な某掲示板に、「いや~ヒトラーって、超頑固な性格とか、裏切り者を絶対許さないトコがジュン・小泉に似てるよ」と軽く書いたところ、どこぞのバカが見当はずれな突込みを延々してくれました。こういうのを粘着って言うんですね。で、こっちに書くのが遅れました。どこにでもバカは居るもんだ。

 そんな事は良いとして、映画『ヒトラー~最期の12日間』お勧めします。映画館を出た後、興奮と疲労感に襲われました。

 ドイツ人監督がドイツ人の俳優を使い、政治家としての顔じゃなく、人間全体としてのヒトラーを描くのは凄くスタッフ・俳優含め、勇気が要ったんじゃなかろうか。60年という時間が経過したから出来たのを割り引いても、関係者の勇気を賞賛します。 [全然狂人じゃないヒトラー『ヒトラー~最期の12日間』~戦後60年 Ⅰ]の続きを読む
  1. 2005/08/22(月) 19:45:09|
  2. 映画評|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

映画「ベアテの贈りもの」・・・・なんだかなぁ。

 最近、改憲云々が取り沙汰されています。
 ベアテ・シロタ・ゴードンさんは、戦後の憲法草案委員会唯一の女性で、数々の草案を列挙され、現在の日本国憲法にある、第十四条(法の下の平等など)、第二十四条(家族生活における個人の尊厳と両性の平等)、つまり、「男女平等」を日本国憲法に盛り込んだ事実上、功労者です。

 彼女の映画は、東京の岩波ホールではやっていたのですが、大阪ではドーンセンター(府立女性総合センター)であると聞き、この機を逃すと観られないと思い、行って来ました。

 彼女は少女時代を日本で両親と共に(父は著名なピアニスト、レオ・シロタ)過ごしており、若いお手伝いさんや周りの虐げられた女性達の姿を見たり聞いたりしていたため、「男女平等」を憲法に入れるよう強く主張したというのを、私はチラッと聞いた事があり、その経緯について詳しく描かれるものと思っていました。…が。 [映画「ベアテの贈りもの」・・・・なんだかなぁ。]の続きを読む
  1. 2005/07/09(土) 23:59:36|
  2. 映画評|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

映画「タナカヒロシのすべて」追加情報。

 酷評してしまいましたが、映画「タナカヒロシのすべて」の舞台挨拶に、鳥肌実中将、御自ら、お出まし遊ばすようです。

 しかも、神戸と京都。なんで、大阪飛ばしてん(怒)!!

● 7月9日(土)
 12:40/14:45の上映時場所 : シネ・リーブル神戸
(午前9時30分より整理番号付き入場券の販売を行います。
 前売り券をお持ちの方も引き換えが必要です。)・・・だそうで。

●日時 : 7月9日(土)
 16:00上映時
 場所 : 京都みなみ会館
 (午前10時30分より整理番号付き入場券の販売を行います。
  前売り券をお持ちの方も引き換えが必要です)

 情報遅くてすみません。中将に「タバコ吸ってるアナタの姿、結構好きです」
と誰か、お伝え下さい。「せくしぃです。私は、ちょっと(かなり)好き」

追記:この作品は、監督の好きな物・事をピックアップして寄せ集めた映画です。
   それは、それでいいのかも知れません。でも、生中将に会えるなら1800円は
   高くないと思います。映画は別として(笑)。
  1. 2005/07/09(土) 01:11:22|
  2. 映画評|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。